2928Rizapの分析

個人的にRizapという企業に大きく投資してて、最近株価が大きく下がったから、何か見えない材料が隠されているのかなと思って調べたら、

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50509

こんなに記事を見つけた。

この分析は底の浅さが伺える
・その他の収益を差し引いた営業利益が低いと説いてるが、その値でも昨年の2倍なので、大きな成長が見えてくる。
・買収した夢展望とパスポートは赤字のままでうまく行ってないと言ってるが、夢展望はともかくパスポートは今年5月に買収したばかりで、それで黒字を達成出来たらマジックとしか言いようがない。
・出店ペースは想定より遅いことを挙げているが、既に十分速いスピードで無理してても50%増やしたほうがいいと言うのか。
・タツミプランニングは売上殆ど変わらないのに、営業利益の急増に疑問を説いているが、今年度の売上は平成25年、26年と比較し、それぞれ売上30%、25%の増加で、これで売上が殆ど変わらないと言うのか。
・キャッシュフローに不安を感じていると書いてあるが、毎年前半は営業キャッシュフローはマイナスで、大型買収も進んでるし、これで黒字というのは無理だろうが。決算書を読むと、2020年償還の社債を30億0.3%で発行できてるほどの信用で、キャッシュに不安がある企業はこれほどの低い利回りで発行できるのだろうか。
・最後に店舗数1.25倍しかなってないのに棚卸し資産の不自然の増加に疑問を説いてるが、ゴルフの設備をプライベートジムの器具と同じ金額だと思ってるのか。
とにかく、結論ありきで記事を書いてるという気がしてなりません。

Market Hackのアドバイスを鵜呑みにして投資してはダメ!

私が普段米国株を投資するのに一番参考にしているサイトは米国のYahoo! Finance

http://finance.yahoo.com/

で、その次はMarket Hack

http://markethack.net/

である。このサイトは米国に上場されている成長有望な株を広瀬氏が日本語で分かりやすく解説してくれる唯一のサイトじゃないかな。原油の需給状況など米国のマクロ経済の解説も、1冊あたり3000円もかかる”バロンズ拾い読み”よりも役に立つと思う。米国株を始める個人投資家の皆さんにはぜひ読んで欲しいサイトである。私が勧めるまでもなく、十分有名だが。

しかし、投資はやはり自分独自の方法を確立する必要があり、彼の推奨銘柄を鵜呑みにして投資するのは大変危険である。Market Hackの基本戦略は有望に成長している企業の中で好決算を出した会社を買うものだ。例えば現在、買い推奨はGoPro ( GPRO)、Amazon(AMZN)、ギリアド・サイエンシズ(GILD)など、売り推奨はFacebook(FB)、Google(GOOG)、アリババ(BABA)などがある。※()内はティッカーシンボルを表す。

理由は単純、買い推奨銘柄は決算がアナリスト予想の数値よりも良くて、売り推奨銘柄は決算が予想に届かなかったからだ。そして、

http://markethack.net/archives/51964765.html
この記事ではFacebookは暴落したから、私のアドバイスに従っていれば損を免れたと、自分の判断が素晴らしいことを吹聴している。しかしここ数日米国マーケットは軒並み暴落しており、その事実に触れずにFacebookだけを抜けだしているから、アンフェアだ。実際、買い推奨したGoProは

 

スクリーンショット 2015-05-06 18.39.35買い推奨をしてから10%も暴落し、

スクリーンショット 2015-05-06 18.44.56

 

アマゾンも10%近く下がっている。

そもそもGoogleとAmazonは今回の決算以前はずっと売り推奨しているけど、(前回の決算が悪かったから)その間、Googleは10%、Amazonは40%も上昇している。その他も不誠実の例があり、あげたらきりがないが、私は別に失敗をねちねちと咎めるつもりはない。しかしそれを隠し、良い例だけを上げるのはやはり頂けない。投資方法は自分独自のものに限ると再確認した。

そもそも、広瀬氏の推奨してきたような、良い決算の企業を買う投資法には決定的な弱点がある。それはその企業のバリエーションを考慮してないからだ。私はMarket Hackが売り推奨していた期間のAppleやGoogle,更にAmazonを保有し、その間素晴らしいパフォーマンスをあげた。私がAppleを買った時はPERは8倍だったし、世界の流通システムを支配していたAmazonの時価総額はたった10兆円しかなかったのだ。Market Hackが普段提供してる情報の中には、この企業は割安かどうかというバリエーションに関するものは圧倒的に足りない。その足りない部分は個々人が独自に調べて補わせる必要がある。他人を鵜呑みにせず投資は自分の頭で考えなければいけない良い例である。

 

アベノミクス最高! 祝★日経平均2万円突破

日経平均がついに終値でも2万円を超えたな。リーマンショックで一時7000円台まで落ちたのはつい6年前。6年で株価は3倍近くなった。もちろん日本株メインに投資している俺に取って、アベノミクスはありがたいが、本当にすごいと思うのは、現在の日本の問題を解決するのはアベノミクスしかないと思うから。

日本の総借金はGDP比200%を超え、全ての国の中でダントツに高い。これを増税で返そうとするのは不可能、歴史上増税だけで借金を返せた国は一つも存在しない。そして日本で一番問題なのは老人が裕福で、若者が貧しい世代間格差。本来借金の問題を解決する一番の方法は年金と健康保険の受給額を減らす歳出削減だが、老人が過半数を占める日本でこのような政策を取るのは政治的に不可能。良く評論家が、歳出削減せよと正論をかざすが、それをやる政党は票が取れないから、実現出来る訳ないんだよな。もっと現実的に考えないと。

その点でアベノミクスは唯一の解決策だと思う。アベノミクスは金融緩和によって、インフレを増やす一方で国債利回りを上昇させないとこで、国債の実質利回りをマイナスにする。これによって、借金がGDPに占める割合は確実に減る。つまり、お金の価値をどんどん低くすることなので、沢山持っている老人から沢山税金を取ることに等しい。一方、インフレが起きると給与もそれに比例して上昇するので、現役サラリーマンとしての若者がこれから稼ごうとするお金の価値は低くならない。これは究極の世帯間格差の是正である。

もうこれしか解決法はない。アベノミクスにぜひうまく行ってもらいたい。もちろんその間俺は現金を全て株と外貨に替えて持ち続けるので、うまく勝ち逃げしたい(笑)

やべ!google株は暴落してしまうのか!?(時価総額とPERから純利益を計算する方法)

下記の記事では独禁法違反でgoogleは欧州から7200億円超の罰金を食らう可能性が高いと述べている。

http://www.yomiuri.co.jp/it/20150416-OYT1T50018.html

俺はgoogle株をしこたま持ってるじゃん、こりゃgoogle株を全て処分したほうがいいのかな。。。しかし、

http://finance.yahoo.com/q?s=GOOG

yahoo finaneを見て分かる通り、本日時点でgoogleのPER(米国ではP/E)は25倍で、毎年利益成長が20%を超える企業としてはかなり割安。しかも、俺は新しい分野に果敢に挑戦するgoogleが大好きだ!そこで、万が一7200億円もの罰金を食らったら、googleにとってどのくらいのインパクトかを調べた。

単純にgoogleの毎年の純利益を調べれて、罰金が占める割合を調べれば良いが、あれ?このyahoo financeのページに純利益が載ってないぞ。

http://finance.yahoo.com/q/ae?s=GOOG+Analyst+Estimates

しかも普段載っているこちらのページでもN/Aとなってデータがない。困ったな。。

yahoo! financeのページでは

Market Cap(時価総額):364.39B (約43兆7千億円、すげー)

P/E (PER)            : 25.50倍

と書かれるいるので、この2つの式から純利益って出ないかな。

時価総額 = 株価 × 発行済株式数

PER    = 株価 / 一株当たり利益の純利益

だから、この2つの式を展開して

時価総額 = (PER × 一株当たり利益の純利益 )×発行済株式数

= (PER × 純利益/発行済株式数 )×発行済株式数

=     PER × 純利益

となって、純利益 = 時価総額 / PER

となる。なんだ、時価総額をPERで単純に割ればいいのか。

よって、googleの純利益= 43兆7千億円/ 25.5 = 約1兆7千億円

まあ、万が一7200億円の罰金を食らっても、googleは5ヶ月弱で稼げるのか、大したことねーじゃん。やっぱ大好きなgoogle株はholdでいこうっと!

サム・アルトマンの記事でやる気が出てきた

今月号のクーリエ・ジャポンの記事でYコンビネーター代表のサム・アルトマンが起業に関して成功に欠かせない4つの要素を読んで久々にぐっときた。

彼は俺よりも2歳若いなんて、つくづく今の自分がダメダメだと思い知らされる。もっと危機感を持ってやらないと!という気持ちになった。

数々の起業家を見てきてどういう人が成功するのかを伝えたありふれた記事かもしれないが何故か心に響いた。やはり心に響く条件は今自分の置かれた状況にマッチしたからだろうな。

起業して成功できるのはほんの一握りであることは周知のことで、これをやれば絶対に成功できるということはないと思う。しかし、これをやっていなければ起業家として絶対に成功しないことはいつくかあってそれを彼は述べているのでしょう。

その一つは一心不乱に没頭することだろう。優れた創業者は行動力があり、毎週新しい何かを成し遂げている。今の俺に足りないのはまさにこの没頭することだ。雑念が大きくもっと集中して取り組まないと!

 

1億円投資してくれる話がパーに

ある中国人機関投資家から1億円投資してくれる話が8割方進んでいたが、今日パーになってしまった。

パーになって悔しいからこんな事を書くわけではないが、ほっとした心境のほうが強い。やはり投資を受け入れる事はその人と仕事のパートナーになることであり、色々報告しなければいけない事も多い。その人が尊敬できない人だと、いやいやな気持ちを常に持ちつつ、働かなければいけない。

ふと、購読している高城剛さんの有料メルマガでこのような事を言っていた。

クライアントが不誠実な人なら、例え金銭的なメリットがあってもその関係を断ち切るべきある、 今の僕があるのもその姿勢を突き通したからだと。

まさに心に刺さる言葉でした。

ちなみに投資を中止した理由は今中国株が調子いいからと。株式相場が調子悪い時、株価が割安な時に投資しないと儲けられるわけないだろボケ!まさに株を分かっていない素人だね(笑)

俺が目指す収益は年利20%なので、人からお金を預けて俺がもらえるのは収益の20%だから、1億投資してもらえても俺がもらえるのはたかだか年間400万。自力でその10倍稼いでやるよー

円安予想

プロのアナリストは皆馬鹿の一つ覚えみたいに円安になる、円安になると唱えている。

リーマンショック後は何年にもわたって円高になる円高になるとみんなが口を揃えてたから、市場の動きの方向に誰もが従っているだけなんだよな。ファンダメンタルズを見る人は殆どいない。

みんなが円安になると思ってる時に円売りポジションを持ったら、本当に儲かるのか考えて頂きたい。プロのアナリストは皆馬鹿の一つ覚えみたいに円安になる、円安になると唱えている。

リーマンショック後は何年にもわたって円高になる円高になるとみんなが口を揃えてたから、市場の動きの方向に誰もが従っているだけなんだよな。ファンダメンタルズを見る人は殆どいない。

みんなが円安になると思ってる時に円売りポジションを持ったら、本当に儲かるのか考えて頂きたい。