Market Hackのアドバイスを鵜呑みにして投資してはダメ!

私が普段米国株を投資するのに一番参考にしているサイトは米国のYahoo! Finance

http://finance.yahoo.com/

で、その次はMarket Hack

http://markethack.net/

である。このサイトは米国に上場されている成長有望な株を広瀬氏が日本語で分かりやすく解説してくれる唯一のサイトじゃないかな。原油の需給状況など米国のマクロ経済の解説も、1冊あたり3000円もかかる”バロンズ拾い読み”よりも役に立つと思う。米国株を始める個人投資家の皆さんにはぜひ読んで欲しいサイトである。私が勧めるまでもなく、十分有名だが。

しかし、投資はやはり自分独自の方法を確立する必要があり、彼の推奨銘柄を鵜呑みにして投資するのは大変危険である。Market Hackの基本戦略は有望に成長している企業の中で好決算を出した会社を買うものだ。例えば現在、買い推奨はGoPro ( GPRO)、Amazon(AMZN)、ギリアド・サイエンシズ(GILD)など、売り推奨はFacebook(FB)、Google(GOOG)、アリババ(BABA)などがある。※()内はティッカーシンボルを表す。

理由は単純、買い推奨銘柄は決算がアナリスト予想の数値よりも良くて、売り推奨銘柄は決算が予想に届かなかったからだ。そして、

http://markethack.net/archives/51964765.html
この記事ではFacebookは暴落したから、私のアドバイスに従っていれば損を免れたと、自分の判断が素晴らしいことを吹聴している。しかしここ数日米国マーケットは軒並み暴落しており、その事実に触れずにFacebookだけを抜けだしているから、アンフェアだ。実際、買い推奨したGoProは

 

スクリーンショット 2015-05-06 18.39.35買い推奨をしてから10%も暴落し、

スクリーンショット 2015-05-06 18.44.56

 

アマゾンも10%近く下がっている。

そもそもGoogleとAmazonは今回の決算以前はずっと売り推奨しているけど、(前回の決算が悪かったから)その間、Googleは10%、Amazonは40%も上昇している。その他も不誠実の例があり、あげたらきりがないが、私は別に失敗をねちねちと咎めるつもりはない。しかしそれを隠し、良い例だけを上げるのはやはり頂けない。投資方法は自分独自のものに限ると再確認した。

そもそも、広瀬氏の推奨してきたような、良い決算の企業を買う投資法には決定的な弱点がある。それはその企業のバリエーションを考慮してないからだ。私はMarket Hackが売り推奨していた期間のAppleやGoogle,更にAmazonを保有し、その間素晴らしいパフォーマンスをあげた。私がAppleを買った時はPERは8倍だったし、世界の流通システムを支配していたAmazonの時価総額はたった10兆円しかなかったのだ。Market Hackが普段提供してる情報の中には、この企業は割安かどうかというバリエーションに関するものは圧倒的に足りない。その足りない部分は個々人が独自に調べて補わせる必要がある。他人を鵜呑みにせず投資は自分の頭で考えなければいけない良い例である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください